セブンイレブン古屋社長講演 経営塾フォーラムに出席しました。

経営塾フォーラムでセブン•イレブン•ジャパンの 古屋一樹社長から「進化し続けるセブン•イレブン」について拝聴しました。私たちの生活に不可欠なライラインインフラを担う、セブン•イレブン•ジャパンは、全店総売上で5兆円に迫る見込み、店舗数も国内だけで2万店超える規模となります。消費者のライフスタイルの変化や少子高齢化が進むなか、日々変化対応を続ける一方で古屋社長は「出店の立地、商品の品揃え、接客サービスが掛け算の要素にならなければ勝ち残れず、この3要素すべて質の高い次元で、イノベーションしなければならない」時代だと熱く語られました。帰りに小長元経済産業次官と古屋社長とゴルフ談義させて頂きました。